比較

宅配クリーニングは個別とパックどっちがお得?

宅配クリーニングはパックのところと個別のところどちらがお得なのでしょうか。
それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみました。

普段使いをしている私としては個別出荷できるサービスがおすすめです。

個別出荷とパックの違いとは?

宅配クリーニングは会社によって個別出荷とパック出荷があります。

個別出荷は通常のクリーニング店と同様にYシャツがいくら、トレンチコートがいくらとそれぞれの洋服ごとに値段が決まっており、出した服の種類と数で金額が決まる仕組みです。

パックとは宅配クリーニング独自のサービスのことで、どんな服でも5点セットで7000円、10点セットで10800円と値段が先に決まっているサービスです。

それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

個別出荷できる宅配クリーニングサービス

個別で出荷できる宅配クリーニングサービスで代表的なところといえばリネットやネクシーがあります。

個別出荷できる宅配クリーニングサービスのメリット

個別クリーニングのメリットは何といっても1点から出荷ができるので、季節を気にせずに普段使いができる点です。またパックのクリーニングサービスと比較すると、仕上げが早いのもうれしいポイントです。

仕上がりが早い
普段使いに便利

Yシャツやワンピース、普段使いのスーツなどを街のクリーニング店に出している方にはぜひおすすめです。

個別出荷できる宅配クリーニングサービスのデメリット

個別クリーニングのデメリットは都度、送料がかかってしまう点です。またダウンやコートを出す際にはパックの方がお得な場合があります。

宅配クリーニングはこんな人におすすめ

普段からクリーニング店を利用する人
早く仕上げてほしい人
スーツなどを出荷したい人

パックで出荷できる宅配クリーニングサービス

パックというのは5点セットや10点セットなど限られた枚数以上でないと出荷ができないサービスです。代表的なところといえばリナビスやプラスキューブ、せんたく便などがあります。

パックで出荷する宅配クリーニングサービスのメリット

パックでのサービスの一番の魅力は何といってもダウンやコートなどを出した際の金額がめちゃくちゃ安いことです。

例えば通常モンクレールのダウンをクリーニング店で出すと2000円から3000円程度かかってしまいます。しかし、パックの場合は1点あたり1000円程度となるため、通常の半額以下で出すことができるのです。

パックで出荷する宅配クリーニングサービスのデメリット

パックでのサービスのデメリットは必ず5点や10点といったまとまった量を出さなければいけないことです。1点あたりの金額が非常に安いので一見お得ですが、5点や10点溜まるまでクリーニングに出せないので、普段使いとしてはちょっと使いにくいというのが難点です。

しかし、クリーニング店にはコートなどしか出さず、Yシャツやワンピースなどは家で洗うという人にとっては一番お得に利用できるチャンスでもあります。

宅配クリーニングはこんな人におすすめ

季節ごとにしかクリーニング店を利用しない人
保管サービスを利用したい人
とにかく安く利用したい人

宅配クリーニングならリネットがおすすめ

ここまで個別とパックの違いを説明してきましたが、宅配クリーニングを一度使ってみたいという方にはリネットがおすすめです。

パッケージの宅配クリーニングは納期が5日から20日程度かかります。

そのため、季節ものの洋服を出すにはおすすめですが、普段使いの洋服やスーツを出すにはおすすめができません。

しかし、リネットは通常のクリーニング店と同程。

東京であれば最短2日後仕上げを行っており、Yシャツやスーツなどを出すにも利用できるのが嬉しいです。

さらに今なら初回に限り割引キャンペーンも実施中のため街のクリーニング店に出すよりお得に使うことができます。

一度、宅配クリーニングを利用してみたいそんなあなたにおすすめです。